葬儀の際には遺骨のどうするかを決める必要があります。お墓などに入れることも可能ですが、最近だと粉骨にしてコンパクトにする方も多くいます。コンパクトにすることで様々な供養をすることが可能になり、スペース的にも小さくなるので便利というメリットもあります。また分骨などをする際にも粉骨をしておくとスムーズに済むなど色々なメリットがあります。

粉骨をしたあとの供養ですが、手元供養、樹木葬、海洋葬、さらには粉骨したものをアクセサリーに変えるなど色々な方法があります。一般的に遺骨をそのまま散骨したり遺棄をするのは違法となっていますが、粉骨をすれば法的で適切な供養が可能になります。粉骨に関しては自分で行う方法と業者にやってもらう方法と2つがあります。自分で行うのは中々難しいと思った方は業者にやってもらうのが便利ですし、最近は供養と一緒に散骨をしてくれる業者もいます。骨壷などは自分で用意することも可能ですが、大きくなるとそれだけ粉骨にする費用が掛かるので気をつけましょう。

粉骨のメリットとデメリットについて

投稿ナビゲーション