最近では、少子高齢化によって倉敷市に墓地がありますが、お墓の管理をすることが難しくなり、永代供養を考える人も増えてきています。永代供養をすれば、子供に負担をかける心配がない、お墓を管理する必要がないなど、色々な利点があります。
しかし、この永代供養でトラブルとして発生しているのが納骨堂などの破綻です。寺院や霊園が破綻してしまえば、永代供養を依頼していても遺骨を引き取ることになってしまいます。供養料を支払っているのに破綻したことで遺骨が戻ってきてしまい、裁判になっても短期間では判決が出ないため、長い間、自宅に遺骨を置いておけないと、結局お墓を建てて納骨する人もいます。
神戸で専門業者に任せて散骨をしておけば、寺院や霊園などの事情は関係ないので、このようなトラブルも発生することがありません。一般的な供養方法では、思いもよらぬトラブルによって高い費用が必要になることも起こります。後々トラブルを起こさないようにしたい、供養のことで悩まされないような人生を送りたいと考えている人は、散骨の利用も考えてみましょう。