近年では人が死んだ場合の埋葬の方法もいろんな形式があるようです。 其の理由の一つとして檀家寺や菩提寺などのお寺やお墓を持っていなくて、葬儀のあとの遺骨の状態を納骨堂に一時保管したり、あるいは遺骨を更に粉砕して粉骨や散骨にして、自然に返すという方法も取られているようなのです。

普通に考えればワザワザ粉骨や散骨にしなくても、遺骨の状態でも自然に返すことができるのでは・・?、とも考えられるのですが、ところが遺骨の状態というのは骨であり形がある状態なので勝手にその辺へ埋めたり埋葬することは出来ないのです。 法律的にも埋葬法というのが有って、「形ある遺骨は墓地に埋葬しなければならない」として決められているのです。 極端な話、遺骨をそのまま墓地以外の土地や地面に埋めると、死体遺棄罪にも問われかねないのです、

このように事例の一つとして、例えば、故人のたっての希望や願いで、「我が遺骨は海や山、川などの自然へ返すように散骨して欲しい」と遺書などに記載されている場合は、残された遺族たちは、本人の意志を受け継いで粉骨にして散骨するように手配することもできるのです。 尚、散骨をする際には当然ながら骨の大きさが関わってきますが、其れは粉骨した際には骨と分からないように骨の大きさを2mm以下に砕かねばならないというような、散骨事業者などで作るルールが定められているようです。

粉骨とは遺骨を2mm以下に砕くこと

投稿ナビゲーション