長年先祖代々のお墓を守ってきた人も多いのではないでしょうか。お墓の所有者が亡くなれば、一般的には配偶者やその子供がお墓を継ぐこととなります。このお墓を継いだことによって、お墓を守りやすい地域から離れられない人も多くいるようです。
都会のような地域であれば仕事に困ることもないのですが、過疎化が進む地方では周辺には仕事がなく、毎日長い通勤時間をかけて仕事をしている人もいます。そんな人の中には、お墓さえなければ色々な地域に行って働けるのにと思っている人もいるでしょう。
最近では、墓じまいをして永代供養をする人もいますが、散骨をする人も増えているようです。散骨をした後は、遺骨そのものがないので供養方法で縛られる心配がありません。お墓の承継者がいない人の場合は、永代供養ではなく散骨を考えるのも良い方法です。今まで、先祖代々のお墓に縛られていた人も、今までにはない新しい供養方法などを視野に入れて、もう一度供養の仕方について見直してみてはいかがでしょうか。

散骨でお墓に縛られない人生を送る

投稿ナビゲーション