PR|大阪の家族葬プランが豊富な葬儀社|愛知県で遺品整理にお困りなら|

ある調査によると、約40%ものお墓が無縁墓化しているとのことです。さらにこれから10年経つと、約60%以上のお墓が無縁墓になるであろうという調査結果もあるくらいです。ではその原因とは何でしょうか?ひとつは菩提寺の檀家としての経済的な負担が大きいということだと思われます。そしてもうひとつ、昨今の少子化により先祖代々のお墓を守っていく後継者がいないということもその大きな原因です。なので最近は最初から海に散骨する方も増えていますね。先日叔父が亡くなった際も大阪湾に海洋散骨してほしいという個人の遺志を親族で実現させました。

このような背景もあり、4~5年ほど前からいわゆる「墓じまい」を選択する人たちも多くなってきました。実際に「墓じまい」をした人たちは、その後、お墓の中のお骨をどのように取り扱うのでしょうか。最も多いのが、公営墓地への改葬合祀のようです。その他としては、散骨や菩提寺での永代供養(合祀)を選択する方もいます。「墓じまい」をした後のお骨をどうするか、については人それぞれの価値観やそのお骨の方との関係性によって異なってくるはずです。ですので、そういった意味においては親族間でトラブルになりやすい問題でもあるのです。墓じまいをする前に、関係する親族全員でしっかりと話し合いを行い、祭祀継承権を誰が持つのかを明確にしておく必要があります。いずれにしても、親族間での話し合いは不可欠です。お盆やお正月など親族が集合するような際に、話題として挙げてみるのがおすすめです。ですが、一度や二度の話し合いでは結論が出ない場合がほとんどのようです。全員の意志を一致させることがいかに難しいかがよく分かると思います。

さて実際、お墓の撤去をするのは墓石屋さんになろうかと思います。狭い墓地でクレーン車などの大型車が中に入れないような場合ですと、人の手で撤去を行わねばなりません。そうなると、人件費がかかるため、費用も高くなってしまうようです。一般的には30万前後と言われているようですが、2~3つくらいの業者さんから見積もりを取り、比較検討の上で業者の選定をする方もいるようです。業者さんから更地にしてもらったら、永代使用権を墓地の管理者に返納すれば、一連の「墓じまい」は終了となります。

 PR|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|マーケティング経営研究.net|会社経営に必要な知恵袋|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|健康に役立つ口コミ情報|